TAG Ryosuke,読書記録,文章作成