トニーブザン著『ザ・マインドマップ』のマインドマップ

トニーブザン著『ザ・マインドマップ』のマインドマップ

イメージ

概要

目的

思考や記憶を出来る限りブロックを外して、アウトプットする練習として描いた。

効果

手を使って右脳を刺激する作業が、楽しいことを思い出しました。

その他

セントラルイメージを描いているうちに、意識の深み入り込んで行き、言葉がシンプルになって行くのを、実感しました。

関連サイト、書籍、メディア等

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です