本を持つ基準を考える

本を持つ基準を考える

イメージ

概要

手元に置いておく本を厳選し把握するための自分ルール制定のためにかいたマインドマップ

目的

本の整理はその時々の直感で行っていたが、以前手放した本がまた読みたくなったり、読まないけれど手放せずにいる本があったりと自分の中で判断に中途半端さを感じていたので、それを解消することを目的としてかいた。

効果

かいたことで基準がはっきりし、本の整理のための時間が短縮された。

その他

関連サイト、書籍、メディア等

noimage

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です